top of page
  • 執筆者の写真一馬 野口

知らないと損!押さえておきたいGoogleビジネスプロフィールのアルゴリズム




目次

Googleが公開しているGoogleマップのランキングが決定されるアルゴリズム

【関連性(情報の充実)】

【距離】

【視認性の高さ(知名度)】


知っていると得するGoogleに正しく認識させるテクニック

よくあるNAP情報の統一されていない例①

よくあるNAP情報の統一されていない例②

よくあるNAP情報の統一されていない例③



Googleが公開しているGoogleマップのランキングが決定されるアルゴリズム


【関連性(情報の充実)】

Googleビジネスプロフィールヘルプ内容:

関連性とは、検索語句とローカル ビジネス プロフィールが合致する度合いを指します。充実したビジネス情報を掲載すると、ビジネスについてのより的確な情報が提供されるため、プロフィールと検索語句との関連性を高めることができます。


要約:

MEO対策において、重要な要素が情報量の多さになります。

ユーザーに認識してもらうためには下記のような情報をしっかりとせってしておく必要があります。


  • 店舗名

  • 営業時間

  • 定休日

  • 住所

  • 最新情報

  • 商品 / 商品ラインナップ


上記のような、情報を入力できる項目はできるだけすべて埋めるようにしましょう。

後ほど紹介しますがNAP情報を統一することも重要な対策なります。


【距離】

Googleビジネスプロフィールヘルプ内容:

距離とは、検索語句で指定された場所から検索結果のビジネス所在地までの距離を指します。検索語句で場所が指定されていない場合は、検索しているユーザーの現在地情報に基づいて距離が計算されます。


要約:

MEO対策において、距離は切っても切り離せない対策情報になります。

以前まではGoogleマップの検索バーに【 地名 キーワード 】の検索を行うと店舗情報などを表示していましたが、現在ではGoogleマップの検索バーに【 キーワード 】を入力すると、現地点から探したい店舗などの方法が表示されます。


観光などで、事前情報を検索する場合は起点があなたの住んでいる場所になっているため、目的の地名を入力する必要があります。


商圏内にいるユーザーに見つけてもらうために、正しい住所を記載するようにしましょう。



【視認性の高さ(知名度)】

Googleビジネスプロフィールヘルプ内容:

視認性の高さとは、ビジネスがどれだけ広く知られているかを指します。ビジネスについてのウェブ上の情報(リンク、記事、店舗一覧など)も視認性の高さに影響します。Google でのクチコミ数とスコアも、ローカル検索結果のランキングに影響します。クチコミ数が多く評価の高いビジネスは、ランキングが高くなります。ウェブ検索結果での掲載順位も考慮に入れられるため、検索エンジン最適化(SEO)の手法も適用できます


要約:


知名度は地図エンジンの検索結果の順位を決める際、情報量や距離とならぶ重要な評価基準です。 よく知られているものほど上位に表示され、あまり知られていないと順位が下がる傾向にあります。


多数のユーザーからSNSでシェアされたり、いろいろなホームページやブログで紹介されたりすることで、「知名度が高い」と認識されるようになります。


さらにクチコミの数が多ければ多いほど、星の評価が高ければ高いほどといったような順に並んでいます。


中にはペナルティに該当し、弾かれているケースもありますが、それ以外はクチコミと多く、評価が高い店舗は「知名度が高い」とGoogleは認識していると考えられます。



【参照URL】Google のローカル検索結果のランキングを改善する方法:https://onl.bz/k1L4Ys5


知っていると得するGoogleに正しく認識させるテクニック


NAP情報を統一して集客力を上げましょう


NAPとは

  • N(Name=会社や店舗の名前)

  • A(Address=住所)

  • P(Phone=電話番号)




上記のアルファベットの頭文字を取ってNAPといいます。

Googleビジネスプロフィール対策において、自社のサイト、他社に掲載されている自社情報(ポータルサイトなど)、SNSなどネット上で紹介しているNAP情報を統一させることはMEO対策において重要になります。


人が確認する内容はテキスト情報が混ざっていようとも判断はできますが、Googleのクローラーにはテキスト情報が一致していないと同じものという区別がつかないのです。


そのため、NAP情報の統一はGoogleに認識してもらうための基本であり、情報ズレると同じ会社/店舗情報がGoogleに認識されずらくなるので気を付けましょう。


ただ、NAP情報が統一されていないと聞いても、イメージしにくい部分もあると思いますので、具体的にどのようなものを指すのかを次に図を使って説明していきます。


よくあるNAP情報の統一されていない例①



会社や店舗の名前が統一されていないケースです。

例えば、会社名が株式会社AB不動産という会社があるとします。

下記のように様々なWEB媒体、SNSに会社名が統一されていないケースがよく見られます。


ホームページ:株式会社AB不動産

SNS:AB不動産

ポータルサイト:(株)AB不動産


他にも

このように保有サイトの会社名がローマ字やカタカナ表記であったりと統一されておらず、

株式会社なども(株)といった省略されているといったこともよく起こりえます。



よくあるNAP情報の統一されていない例②




次に住所です。

住所の場合よく見かける例が以下になります。

以上のように住所が統一されていないことがあります。

他にも大文字と小文字が統一されていないこともあります。

また全角表記と半角表記が統一されてないこともよくあるので注意しましょう。


よくあるNAP情報の統一されていない例③


次に電話番号になります。

サイトによってはハイフンが抜けていたり、全角半角などを見境なく使っているケースを見かけます。


また、フリーダイヤルやポータルサイト専用に電話番号を使用したりと番号の統一がなされていない店舗もあります。

3つの例をまとめると以下のような図になります。


まとめ

いかがでしたでしょうか。

Googleマップ・Googleビジネスプロフィールのアルゴリズムの対策に関して今回は基本的なところをご説明しましたが、すぐにできる対策のテクニックですので一度自社サイトを確認してみてはいかがでしょうか。


もし、おひとりでは分からない、全部丸投げするから任せたいという方がいらっしゃればグルービズ株式会社におまかせください。プロの視点からブランディング、MEO対策、クチコミ対策のカスタマーサクセスを行わせていただきますので、お問い合わせページからお問い合わせください。


閲覧数:78回

Comments


bottom of page