top of page

利用規約

Terms of Service

利用規約

第1条(適用)
この利用規約(以下「本規約」といいます。)は、グルービズ株式会社(以下「弊社」といいます。)が提供する「PickTop」(以下「本件業務」といいます。)を利用するユーザー(以下「利用者」といいます。)に適用されます。利用者は、本規約に同意の上、本件業務を利用します。

利用者及び弊社との間で、個別契約(第3条1項にて定義します。)によって本規約とは別の定めをした場合は、当該定めが優先するものとします。

個別契約(第3条1項にて定義します)の解除は、本規約で別に定める場合を除き、利用者及び弊社の間の他の契約に影響を与えないものとします。

第2条(本件業務の内容)
弊社は、利用者に対し、本件業務の内容として、Google検索やGoogleマップにおいて、利用者が指定する店舗(以下「利用者指定店舗」といいます。)を、Google検索やGoogleマップに適した形にするための施策として以下に定める業務の一部または全部を提供するものとします。

① 利用者指定店舗へのGoogleビジネスプロフィールの支援ツールの提供

② 利用者指定店舗へのGoogleビジネスプロフィールを運用するための支援サービス

③ その他、弊社が利用者にとって必要であると判断した前各号に付随する業務

利用者が弊社に委託する本件業務の受付時間は、弊社営業日の9時30分から18時30分(土・日・祝日・お盆
年末・年始を除く)とします。

第3条(契約の成立及び内容)
利用者は、本規約に同意の上、次に掲げる事項が記載された弊社指定の申込書を弊社に提出するものとし、当該申込に対し、弊社が承諾の意思表示をした時点で、利用者及び弊社の間に、本件業務に関する個別契約(以下「個別契約」といいます。)が成立するものとします。

 ① 利用者指定店舗

 ② 本件業務の内容

 ③ 契約期間並びに本件業務の対価、支払時期及び方法などに関する事項

 ④ その他弊社と利用者協議のうえ定める事項

利用者が本件業務の対価の支払いを怠り、弊社の催告にもかかわらず、直ちにこれを支払わない場合、弊社は個別契約または全取引(利用者と弊社の間のすべての契約をいいます。以下、同様とします。)を解除することができ、また、利用者が弊社に対して負担する一切の債務(個別契約における債務に限らないものとします。)は、当然に期限の利益を失い、利用者は、直ちに債務全額を弊社に支払うものとします。

前項により弊社が個別契約または全取引を解除した場合、利用者は弊社に対して、違約金として、個別契約の残存期間に支払われることが想定されていた本件業務の利用料金を直ちに支払うものとします。

利用者は、前2項に定める各支払いを怠った場合は、支払期日から完済に至るまで年14.6%の割合による遅延損害金を弊社に支払うものとします。

個別契約または全取引の解除は、将来に対してのみ効果をもつものとします。

全取引にかかる何らかの支払いが確認できない場合、弊社は、各個別契約に関する本件業務の提供を中止できるものとします。

第4条(個別契約の期間・更新等について)
個別契約の有効期間は、原則として契約締結日から12か月間とします。

ただし、 利用者と弊社で定めた有効期間が別で定める場合はその期間を有効期間とします。

利用者は、個別契約の契約期間中は、本規約で別に定める場合を除き、個別契約を解除することはできないものとします。利用者の都合で個別契約を解除する場合、利用者は、解除料として本来の契約期間満了までの本件業務の対価を弊社に支払うものとします。本来の契約期間満了までの本件業務の対価を既に支払済であればそれを充当するものとし、不足分があればその分を別途支払うものとします。

期間満了日の2か月前までに利用者から書面又は弊社が指定する方式による更新拒絶の申入れがない場合、個別契約は同じ条件で1年間更新されるものとし、その後も同様とします。

ただし、 前1号ただし書きで定めた有効期間がある場合はその期間更新されるものとし、 その後も同様とします。

利用者は、利用者指定店舗について廃業する場合、遅くとも廃業日の1か月前に弊社に通知しなければならないものとします。

第5条(本件業務の特則)
個別契約の契約期間内に、Googleの検索アルゴリズム変更等により本件業務の全部または一部の提供が困難となった場合、弊社は、個別契約及び全取引の内容の変更または解除を行うことができるものとします。

前項により、本件業務の対価を変更する必要が生じた場合は、利用者及び弊社で協議の上、本件業務の対価を決定するものとします。

第6条(弊社の責任の制限)
弊社は、次に定める事項について、利用者に対し、何ら保証するものではなく、一切の責任を負わないものとします。

① 利用者指定店舗に関して、利用者その他の第三者が行う一切の行為(その方法や意図、その他事由の如何を問わず利用者指定店舗に関するGoogleビジネスプロフィール等への不正なクリック、閲覧、アクセスなどを含みます。)

② 本件業務に関する提案書、関連資料、または本件業務に付随する弊社から利用者への一切の提供物、貸与物(弊社から利用者へ提供された指示、アドバイス、提案、予測、その他の一切の情報を含みます。)及びこれらを利用した結果

③ 本件業務に関する効果、精度等

Googleが、検索エンジンに関し行った行為及びその結果(利用者または弊社が作成・関与したサイトに対するペナルティ等を含みます。)については、その原因を問わず、弊社は当然に免責されるものとします。

本件業務を提供するにあたり、外部サービスと連携することがありますが、かかる連携を保証するものではなく、本サービスの利用に関してAPIの仕様変更等により外部サービスと連携できなかった場合でも、弊社はこれによって利用者に生じた損害や機会損失等について、一切の責任を負いません。

地震、台風、津波その他の天変地異、戦争、暴動、内乱、テロ行為、重大な疾病、法令・規則の制定・改廃、公権力による命令・処分その他の政府による行為、争議行為、輸送機関・通信回線等の事故その他不可抗力による本件業務の履行遅滞又は履行不能については、弊社はその責任を負わないものとします。

第7条(禁止事項)
利用者は、本件業務に関し、以下の各号のいずれかに該当し、又は該当するおそれがある行為(以下、「禁止事項」といいます。)をしてはならず、利用者が禁止事項をした場合、弊社は、理由の如何を問わず、個別契約及び全取引の解除並びに損害賠償をすることができるものとします。利用者が禁止事項をした結果、第三者に損害が生じたときは、弊社はその責任を一切負わず、当該第三者への損害賠償責任は、利用者が責任をもって全うするものとします。

① 犯罪的行為に結びつくこと

② 第三者または弊社の知的財産権(著作権、特許権、実用新案権、意匠権、商標権)を侵害すること

③ 第三者または弊社の財産、名誉、信用又はプライバシーを侵害すること

④ 本件業務に関し、逆アセンブル、逆コンパイル、リバースエンジニアリング、その他本件業務のソースコードを解析すること

⑤ 第三者または弊社に不利益を与えること

⑥ 第三者または弊社を誹謗中傷すること

⑦ 本件業務の運営を妨げ、弊社の信用を毀損すること

⑧ 本件業務に関連して知り得た情報を利用し又はその情報を第三者に対し、開示又は漏洩すること

⑨ 法令に違反すること

⑩ 利用者指定店舗が利用者及び弊社以外の第三者が運営するサイトである場合に、当該第三者に対し、本件業務の成果及び精度を保証すること

⑪ アダルト関連又は公序良俗に反するサイトや商品を扱う相手が運営するサイトを、本件業務の対象店舗として指定すること

⑫ 前各号のいずれかに該当するおそれのある行為又はこれに類する行為であると弊社が判断する行為を行うこと

第8条(利用者指定店舗が利用者及び弊社以外の第三者が運営する店舗である場合の処理)
利用者指定店舗が利用者及び弊社以外の第三者が運営する店舗である場合、当該第三者との関係では、本件業務に関して生じる責任はすべて利用者が負い、弊社は当該第三者に対していかなる責任も負わないものとし、利用者は、当該第三者に対し、その旨を説明するものとします。

第9条(再委託について)
弊社は、本件業務の提供にかかる支援ツールの開発や業務の全部または一部を株式会社ロカオプに委託し、またその他の第三者に委託することができるものとします。

弊社は前項により業務の全部または一部を第三者に委託する場合、当該第三者に対し、個別契約において弊社が負っている義務を承認させ、遵守させるものとします。

第10条(法令遵守)
利用者及び弊社は、本件業務の履行にあたり、法令その他監督官庁の指示を遵守し、第三者に損害を与えないように細心の注意を払うものとします。

利用者及び弊社は、前項に関し監督官庁から注意、指導、警告を受け、また第三者との間に紛争が生じた時は、協議の上でこれを解決するとともに再発防止に努めなければならないものとします。

利用者及び弊社は、本件業務の内容が法令に抵触しまたはその恐れがある時は、協議の上で修正を行うものとします。

第11条(第三者の権利侵害)
弊社は、本件業務の履行にあたり、第三者の特許権、実用新案権、意匠権、商標権、著作権、著作者人格権、著作隣接権、肖像権、出版権、その他の権利を侵害しないように努め、必要に応じて当該権利を有する第三者(以下「権利保持者」といいます。)に、当該権利の使用に関し承諾を得るよう努めるものとします。

利用者は、前項に関し、弊社が第三者の権利を侵害していないか適宜確認し、万一、権利保持者との間で紛争が発生し、またその恐れがある時は、速やかに、双方協力のもと、これを解決するものとします。

第12条(譲渡等の禁止)
利用者は、弊社から事前に書面又は弊社が指定する方式による承諾を得ない限り、個別契約上の地位並びに個別契約に基づく権利及び義務を、第三者に譲渡し、承継させ、担保を提供し、その他一切の処分をしてはならないものとします。

第13条(解除)
弊社は、各条に定める解除事由のほか、利用者が次の各号のいずれかに該当したときは、何らの通知、催告を要せずただちに個別契約並びに全取引の全部または一部を解除できるものとします。

① 本規約に定める条項に違反し、相手方に対し催告したにもかかわらず30日以内に当該違反が是正されないとき

② 監督官庁より営業の取消し、停止等の処分を受けたとき

③ 支払停止もしくは支払不能の状態に陥ったとき、または、手形もしくは小切手が不渡りになったとき

④ 差押、仮差押、仮処分、その他強制執行もしくは競売の申立があったとき、または租税公課の滞納処分を受けたとき

⑤ 破産手続開始、民事再生手続開始、会社更生手続開始または特別清算開始の申立を受け、又は自ら申立てを行ったとき

⑥ 解散、会社分割、もしくは会社営業の全部または重要な一部を第三者に譲渡しようとしたとき

⑦ 信頼関係を損なう行為があったとき

⑧ 前各号に準ずる経済的または社会的信用を損なうおそれのある事由があると弊社が判断したとき

⑨ その他災害等個別契約の義務を履行することが困難な事情が生じたとき

第14条 (本件業務の終了)
利用者は、個別契約の契約期間が満了した場合、又は個別契約乃至全取引が契約期間の途中で解除となった場合(以下併せて「本件業務が終了した場合」といいます。)、その時点から本件業務を利用することが出来なくなるものとします。

弊社は、本件業務が終了した場合、本件業務内で利用者が管理していた情報を利用者に提供する義務はないものとします。

第15条(損害賠償)
弊社は、弊社の故意又は重大な過失(以下「故意等」といいます。)により、利用者に損害が生じた場合、弊社の故意等から直接的、かつ、通常発生する損害に限り、当該損害が発生した個別契約の対価として過去1年間に弊社が受領した代金を12で除した金額を上限として、利用者に対し損害賠償義務を負うものとします。ただし、第4条1項及び第5条に該当する場合には、弊社は損害賠償責任を負わないものとします。

利用者が個別契約に違反したことにより、弊社に損害(弁護士その他の専門家への報酬及び費用を含みます。)が発生した場合、利用者は、弊社に対して、弊社に生じた一切の損害等を賠償するものとします。

第16条(秘密保持等)
利用者は、個別契約に基づき弊社から開示された情報その他の本件業務の実施にあたって利用者の知り得た弊社及び弊社の関係会社の経営上、業務上又は営業上の一切の情報 (以下「本件秘密情報」という。)を、弊社の事前の書面による承諾なくして、第三者に開示又は漏洩してはならず、本件業務以外の目的に利用してはならないものとします。但し、次の各号のいずれかに該当する情報については、この限りではありません。

① 弊社より開示を受けた時点で、利用者が既に自ら保有していた情報

② 弊社より開示を受けた時点で、既に公知であった情報

③ 弊社より開示を受けた後に、利用者の責によらずに公知となった情報

④ 弊社より開示を受けた後に、当該情報の開示につき正当な権限を有する第三者から利用者が守秘義務を負うことなく適法に入手した情報 

⑤ 法令、政令、規則、関係行政機関又は司法機関の判断に従い開示が要求される情報

前項の規定にかかわらず、利用者が法令を遵守するために必要な場合、又は、政府、所轄官庁、規制当局(日本国外における同様の規制当局を含む。)、裁判所等による要請に応じて機密情報を開示が義務付けられている場合には、弊社の事前の承諾なく本件秘密情報を開示することができます。このとき、利用者は当該開示要求に対し、法令上可能な限り必要最小限の範囲に限定して開示するものとし、開示をした場合は直ちに弊社に対し書面にて通知をしなければならないものとします。

利用者は、弊社の事前の書面による承諾が無い限り、秘密情報の情報開示日から3年間は、当該秘密情報を秘密に保持し、第三者に開示、提供してはならないものとします。

第17条(名称等の使用)
弊社は、本件業務で運営するサービス及び、営業・広告のため、利用者と契約締結した事実や実績、事例を自社のホームページや資料等において公表できるものとします。また、当該公表に際し合理的な範囲で利用者の商号・ロゴ等を使用することができるものとします。

第18条(反社会的勢力の排除)
弊社及び利用者は、それぞれ相手方に対し、次の各号の事項を確約するものとします。

① 自らが、暴力団、暴力団関係企業、総会屋若しくはこれらに準ずる者又はその構成員(以下総称して「反社会的勢力」という)ではないこと

② 自らの役員(取締役、執行役、執行役員、監査役又はこれらに準ずる者をいう)が反社会的勢力ではないこと

③ 反社会的勢力に自己の名義を利用させ、この契約を締結するものでないこと

④ 自ら又は第三者を利用して、この契約に関して次の行為をしないこと

 ア 相手方に対する脅迫的な言動又は暴力を用いる行為

 イ 偽計又は威力を用いて相手方の業務を妨害し、又は信用を毀損する行為

弊社及び利用者の一方について、次のいずれかに該当した場合には、その相手方は、何らの催告を要せずして、個別契約及び全取引を解除することができる。

① 前項①又は②の確約に反する表明をしたことが判明した場合

② 前項③の確約に反し契約をしたことが判明した場合

③ 前項④の確約に反した行為をした場合

前項の規定により個別契約が解除された場合には、解除された者は、その相手方に対し、相手方の被った損害を賠償するものとします。

第2項の規定により個別契約が解除された場合には、解除されたものは、解除により生じる損害について、その相手方に対し一切の請求を行わないものとします。

第19条(本規約の変更)
弊社は、事前の承諾を得ることなく、本規約の内容を変更することが出来るものとします。

前項により本規約を変更する場合、弊社は、変更後の本規約の効力発生日をあらかじめ定めた上、当該効力発生日の15日前までに、利用者に対し、当該改定内容を当該弊社ホームページ(http://www.picktop.jp/rule)へ掲載し又は弊社の定める方法により通知するものとし、通知に定める期間を経過し、指定された期日以後に本サービスを利用した場合には、改定後の本規約が適用されるものとします。

弊社は、誤記や形式的な修正等変更が軽微な場合又は個別契約締結中の利用者の本件業務の内容に影響を及ぼさない場合は、規定改訂を通知しないものとします。

第2項に定める変更後の本規約の効力発生日をもって、本件業務の内容を含む個別契約の内容は変更後の本規約に準じるものとします。

第20条(存続条項)
個別契約が終了した場合でも、第3条2項乃至4項、第6条乃至第8条、第14条、第15条、第16条、第19条乃至第22条の定めは有効に存続するものとします。

第21条(協議解決)
本規約の解釈及び個別契約の解釈、その他の事項につき生じた疑義や本規約及び個別契約に規定のない事項については、利用者及び弊社は誠意を持って協議の上、円満に解決するものとします。

第22条 (分離可能性)
本規約の各条項又はその一部が、消費者契約法その他の法令等により無効又は執行不能と判断された場合であっても、当該無効又は執行不能と判断された条項又は部分(以下「無効等部分」といいます。)以外の部分は、継続して完全に効力を有するものとします。弊社及び利用者は、無効等部分を適法とし、執行力をもたせるために必要な範囲で修正し、無効等部分の趣旨及び法律的・経済的に同等の効果を確保できるように努めるものとします。

本規約の各条項又はその一部が、ある利用者との関係で無効又は執行不能と判断された場合であっても、他の利用者との関係における有効性等には影響を及ぼさないものとします。

第23条(裁判管轄)
個別契約に関連しまたは付随して発生する一切の紛争については訴額に応じて熊本地方裁判所または熊本簡易裁判所を第一審についての専属的管轄裁判所とします。

施行・改定情報
初版 2022年11月1日 制定・施行

二版 2023年7月21日 一部改定・施行

​三版 2023年11月7日 一部改訂・施行

bottom of page