top of page

PickTopブログ

ビジネスプロフィールの「メニュー・サービス」機能、重要性や登録方法をご紹介



ビジネスプロフィールの「メニュー・サービス」機能、重要性や登録方法をご紹介

目次




Googleビジネスプロフィール(以下、ビジネスプロフィール)の情報を充実させることで、ユーザーが情報を調べる手間が省けて来店に繋がりやすくなります。


今回は、ビジネスプロフィールのメニュー・サービスの追加方法についてご紹介します。

お店のメニューやサービスを追加して、よりユーザーにとって利用しやすいビジネスプロフィールにしていきましょう。



Googleビジネスプロフィールのメニュー・サービス機能とは?



お店や会社で提供しているサービスやメニューをテキストで登録することができる機能が、ビジネスプロフィールの[サービス][メニュー]の機能です。 サービスとメニューは厳密に言うと同じで、業種によって区別されます。

展開する店舗が飲食店の場合 ⇒[メニュー]

飲食店以外のネイルサロン・美容室・ジム・クリニックなど ⇒[サービス]

と表記されます。 どちらの項目も登録できるかは、Googleビジネスプロフィールを作る際に選択するカテゴリーによって自動で決まります。店舗側でサービスかメニューかを選ぶことはできません。

カテゴリによっては、サービス・メニューとは別に「商品」という項目がある場合もあります。 また、企業や宿泊施設など一部のカテゴリーでは、サービス・メニューの項目が表示されないため利用できません。 メニュー・サービスに設定できる項目は、「商品名・サービス名」「価格」「説明文」です。 メインのカテゴリーの中にサブカテゴリーを作ることができます。


  • メニュー・サービスの設定例


例えば、イタリア料理のお店の場合


【メインカテゴリー】パスタ

【サブカテゴリー】ミートパスタ・カルボナーラ・クリームパスタ・ナポリタン・ペペロンチーノ


【メインカテゴリー2】ピザ

【サブカテゴリー】マルゲリータ・照り焼きチキンピザ・シーフード・ゴルゴンゾーラ


のように、設定できます。


また、「人気商品」「おすすめ商品」など売り出し中の商品をアピールすることも可能です。


メニュー・サービスの項目の登録は任意ですが、価格も掲載できるため、ユーザーが別のWEBサイトに移動しなくても気になるお店の価格を確認できます。ユーザーにとって非常に便利な機能となっています。


メニューの項目には、写真をアップできる機能があります。料理の写真やメニュー表をアップすることで視認性が高まり、お店で提供している料理をユーザーに紹介できます。



メニュー・サービスの重要性



  • 検索の表示順位に影響する



2021年頃のGoogleマップの機能追加に伴いビジネスプロフィールのメニューの項目に登録したテキストを、Googleの検索エンジンが検知できるようになりました。 そのため、ユーザーがメニューに関連するキーワードでGoogle検索をした際に、該当するメニューを登録している店舗が検索結果上に表示されるようになったのです。


たとえば「ペペロンチーノ」というメニューを登録した場合、ユーザーがGoogle検索やGoogleマップで「ペペロンチーノ」と検索すると、検索結果の一覧に表示されるようになります。


ビジネスプロフィールの「メニュー・サービス」機能、重要性や登録方法をご紹介


また、 ビジネスプロフィールでは、Googleが公式に写真や詳細なデータの入力を推奨しています。 文字や写真でメニューについての情報を掲載し店舗情報を充実させることで、Googleに質の高いコンテンツとして評価され、検索順位の上位表示を狙うことが出来ます。




  • 来店につながりやすい



Googleマップを利用してお店を検索する際、メニューが表示されているお店とメニューが表示されていないお店だと、ユーザーはどちらを選ぶでしょうか?


多くの方は、メニューが表示されている方のお店を選ぶのではないでしょうか。


お店を選ぶ時は、「どんな料理があるんだろう?」「値段はどのくらい?」など気にする方が多いため、店舗情報にメニューを表示させることで、メニューの内容や料金をイメージしてもらうことができ、来店に繋がりやすくなります。



メニュー・サービスの登録方法


  • Googleビジネスプロフィールの管理画面の「メニュー」または「サービス」を押す



まずはビジネスプロフィールの管理画面にログインします。

画面左上にあるメニューバーを押すと、「メニュー」または「サービス」と表示されるので、そのボタンをクリックします。


ビジネスプロフィールの「メニュー・サービス」機能、重要性や登録方法をご紹介



  • 「メニューアイテムを追加」または「サービスを追加」を押す



「メニュー」を追加する場合は「メニューアイテムを追加」を押します。

「サービス」の場合は「サービスを追加」を押して「保存」を押すだけで登録できます。

サービスの価格情報や説明は、追加したいものをえらんで後から登録しましょう。



ビジネスプロフィールの「メニュー・サービス」機能、重要性や登録方法をご紹介

ビジネスプロフィールの「メニュー・サービス」機能、重要性や登録方法をご紹介




  • 「アイテム名」「アイテムの価格」「アイテムの説明」を入力する



「メニュー」の登録画面にうつったら、それぞれ以下の項目に入力しましょう。


ビジネスプロフィールの「メニュー・サービス」機能、重要性や登録方法をご紹介



「アイテム名」は140文字以内、「アイテムの説明」は1000文字以内で入力し、価格を設定して画面下の「追加」を押したら登録は完了です。

なお、登録したいメニューに該当するカテゴリがないときは「メニューセクションを追加」でも可能です。


メニュー・サービスを登録する際の注意点


  • ユーザーが分かりやすいか


1番大事なことは、ユーザーが見たときに分かりやすいかです。 ユーザーが見たときの画面を必ず確認し、見やすさと分かりやすさを確認してください。

見にくい場合はセクションを区切ったり、文字数が多すぎると読むのが大変なので、短くしたりして工夫するといいでしょう。 また、アイテム名だけでサービス内容が分かりにくいときは[説明]の項目で補足しましょう。説明文の登録は任意なので、必ずしもしなければならないわけではありませんが、分かりにくい商品名などは説明文で補足してください。



  • メニューやサービスを常に最新の状態にする



ビジネスプロフィールでは情報の鮮度が重要であるため、メニューやサービスの内容は随時最新のものに更新することが大切です。

店舗情報を閲覧するユーザーは目的が明確な場合が多く、店舗に向かう途中で検索することも少なくないでしょう。そのため、メニューやサービスの詳細説明を見て来店した結果、書かれていた内容と異なるものが提供されるとユーザーの信頼度が下がる可能性が高いです。最悪の場合、クレームに発展してしまうこともあるかもしれません。

したがって、メニューやサービスの内容が変わった場合は、すぐにメニュー・サービス機能の説明文などを更新するように気を付けましょう。



まとめ



ビジネスプロフィールの情報登録は簡単ですので、ぜひご自身でメニュー・サービスを登録してみてください。ユーザーが来店する確率を上げるためにも、ビジネスプロフィールの各項目を充実させてみましょう。


最後まで読んでいただきありがとうございます。


もし、自社で設定する余裕がない、その他にもビジネスプロフィールを運用する中でお悩みがあるといった方は私達グルービズ株式会社にご相談ください。プロの視点からブランディング、MEO対策、口コミ対策の全てを行わせていただきます。ぜひお気軽にお問い合わせページからご連絡ください。



【お知らせ】グルービズのFacebook、Instagramを始めました!最新のブログ情報も発信しているのでぜひフォローやいいねをしていただけたら嬉しいです✨


Facebook


Instagram


Comentários


最新記事

bottom of page