top of page
  • 執筆者の写真一馬 野口

経営者必見!MEO対策に向いている業種8選



目次

  1. MEO対策がおすすめの理由

  2. MEO対策がおすすめの業種の特徴

  3. MEO対策が向いているおすすめ業種10選

  4. MEO対策で上位表示されるGoogleが公開しているアルゴリズム

  5. MEO対策よりも重要なこと

  6. まとめ

本文


01.MEO対策がおすすめの理由

Googleマップ対策として、最近よく耳にする「MEO」ですが、

「MEO対策のやり方が分からない」

「そもそもマップに乗ってない」

「どんな業種に向いているのか分からない」

「やっても意味ないんじゃないの」


といった疑問を持つ方が多いかもしれません。

この記事ではそういったお悩みや、MEO対策の強みを生かした集客方法や売上UP、ブランディングアップの方法をご紹介していきます。

SEOの記事より上に出る



Googleビジネスプロフィーは2~3年前に比べると地図の利便性が高くなり、ユーザーからの満足度が高くなったことによりキーワード検索を行った際にSEOの検索結果より上位に「店舗名」「評価」「住所」が確認できるようになっています。


この検索結果こそが、今注目を集めている理由のひとつです。

SEO対策は中長期的に見ればロングテールで上がりやすい対策になりますが、その分時間がとてもかかります。資金力があり、インフルエンサーやアフィリエイターに宣伝してもらうなどの広告費をかけれる企業以外はかなり苦しいのが実情です。


その点、MEO対策はSEOの検索結果より上位に表示されますので、見込み顧客からの注目度が集まりやすいことで現在あらゆる業種から注目を集めています。


地域密着型ビジネスとマッチしている

MEO対策は地域密着型ビジネスととても相性が良いです。それもそのはず、Googleが一部ローカル検索結果のランキングが決定している仕組みの中に「距離」が関係していると公開しています。


また、業種によって異なりますが人の移動距離や探索範囲に応じてGoogleマップは業種ごとに店舗の表示結果を分けています。


「自宅の周辺でカフェを探したい」場合と「引っ越しを考えているが不動産屋を探している」場合とでは探している店舗の業種によって、探す範囲を狭く表示したり広く表示したりGoogleが範囲を指定してくれます。


その範囲内の評価の良い順番で上に来るか下に来るか決まっています。一部順位が評価に見合ってない店舗を見かけることもありますが、その場合以下の要因が考えられます。

  • リスティング広告をしている

  • 被リンクが多い

  • Googleビジネスプロフィールに登録している


Googleマップ利用ユーザーが多い




上の図のようにGoogleの使用割合は国内においてほとんどの方が使われています。アンドロイドのスマートフォンにはGoogle系のアプリケーションがデフォルトで入っています。当然Googleマップが入っていますのでカーナビ代わりとして使用される方も多いのではないでしょうか。


iPhoneユーザーでも、Googleマップを入れている人の割合は多いです。iPhoneにもマップはついているのですが情報量が少なく、Googleマップほど利便性が高くはありません。

Googleマップの使い勝手が良い

Googleマップでできることは以下になります。

  • 地図が見れる

  • 店舗情報が分かる

  • 電話をかけることができる

  • WEBサイトが見れる

  • 写真が見れる

  • 評価(口コミ)が見れる

  • クーポンが使える

  • 新着投稿(ブログ)が書ける

  • 自身で編集ができる

上記に挙げたことができかつ、観光や遠出するときはとても役に立ちます。地元の人しか知らないであろう観光スポットやお得情報、一番安いスーパーまで情報量が他にマップに比べるととても多いのが特徴的です。


また、見やすい点も使い勝手がいい理由です。目当ての場所をクリックすると、写真が最初に表示され、その後営業時間や住所、電話番号、WEBサイトなど、クリックせずともキーワードを入力してもGoogleが評価の高い順でピックアップしてくれます。


02.MEO対策がおすすめの業種の特徴

エリア名 + キーワード 検索される

Googleマップ上でキーワード検索すると該当の店舗がヒットするようになりました。また、Googleやchromeなどの検索エンジンでも特定のキーワードを入力すると、広告の下にマップが表示されるようになってます。


エリア名 + キーワード の検索は観光や旅行などで行きたい場所を特定したいときに使われていると思います。その際に、GoogleビジネスプロフィールやWEBサイトなど、リンクさせているキーワードの関連性が強いものに引っ張られて、表示順位が上がりやすくなります。


ただ、Googleビジネスプロフィールの店舗名にキーワードやキャッチコピーは入れないようにしましょう。WEBサイトやポータルサイトの店舗名・会社名にキーワードが入っている場合を除き原則的に特定の言葉や記号を入れるのはリスクです。


Googleビジネスプロフィールは第3者からの編集も可能ですのでWEBサイトと違う店舗名が入っているとキーワードが消されるケースも良くありますので、こちらは注意する必要があります。



実店舗がある

Googleビジネスプロフィールに掲載している店舗は当たり前の話ですが、実店舗のみです。実際ない店舗はユーザーに誤解を与えてしまうので基本的に登録できません。


ただし、コワーキングスペースでのオフィスや「仮想」オフィス、ガレージでの自動車修理などは営業時間中に従業員が常駐している場合を除き、登録することはできないようになっております。


口コミや評価が低いサービス

昨今、様々な店舗ビジネスにおいて口コミや評価などユーザーからの評価がつくポータルサイトや評価システムが取り上げられるようになっています。特に日本国内置いては、「食べログ」や「ぐるなび」「Amazon」に至るまで様々なサイトで第三者の評価が購入者の基準になっています。


Googleマップもそのひとつで、表示順位のアルゴリズムは公開されておりませんが、口コミ数と星の評価の多い順で並んでいます。


店舗さんお中には紙でアンケートを取り、自社のWEBサイトに手入力でお客様の声を反映させている方も少なくないはずですが、とてももったいないです。


紙のアンケートをDX化させ、WEB上でアンケートをとりそのままGoogleマップに反映することができれば、店舗側の工数が減り、お客様の声がGoogleマップに反映されGoogleから他のユーザーに進めたい店舗としてブランディングが知らないところで向上されます。


Googleマップはあくまでも導線のひとつですが、会社の評価・評判として目にするユーザーは多いです。


悪い口コミを書かれるリスクはありますが、質が良ければ後は量ですので、実際にGoogleマップの口コミに目を付け積極的に取り始めている大手の会社もいるほどです。Googleマップの口コミはサクラがばれるとアカウントを消される可能性がありますので、広告費を使って口コミを集めようとする会社は少ないです。


とにかく地道ではありますが、日々の口コミ集めが未来の売上に関わってくることは間違いないですので、近隣の競合の口コミが少なければ、集客の新戦略として有効といえます。


地域密着型で商圏範囲が狭い

Googleビジネスプロフィールは地域密着型ビジネスにとても向いています。Googleマップがユーザーに勧める商圏の範囲は業種によって異なりますが、どんなに広くとも都道府県の範囲です。狭い場合はその市区町村で、移動手段が公共交通機関か車なのか徒歩なのかによって、提示してくる店舗が変わります。


また、店舗の所属している市と近隣詩を対策したいとお客様からご要望をいただきますが、厳しい場合もあります。それは所属地域で上位3位以内に入ってない場合やそもそも、ユーザーが求めるキーワードと店舗が検索しているキーワードに食い違いがあるときです。


これはかなり多くの店舗様で見かけるのですが、色を出したいと奇抜なキーワードやニッチなキーワードを対策しており、成果報酬型のMEO対策をして上位を取っているが売上にはつながらないといったお声です。


ユーザーがGoogleマップで調べる場合、ビッグキーワードを調べているのに、店舗側はニッチキーワードで対策をした結果、対策費用をかけたが問い合わせにつながらなかったというお声も聴きます。


他にもユーザーの移動距離を加味していない場合にも発生します。例えば「家を買いたい」「車を買いたい」など近所で解決しないGoogleマップがおすすめしている地域に該当する店舗が存在しない場合もあるので一概にGoogleマップで見つかるかは不透明です。


SEO対策でWEBサイトを上位に押し上げたい、WEBサイトを導線にお客様の問い合わせが欲しいという店舗様もいらっしゃいますが、リスティングで広告費をかけるか、地道にSEO対策をしてロングテールでWEBサイトを上位に上げていくかは非常に判断が難しいところです。


その点、MEO対策は前述した通り、ローカルエリアマーケティングに精通していますので距離が近く口コミと評価がいい店舗をピックアップしておすすめしてくれますので、口コミ評価対策を念入りにしておくと認知度やブランディングといった付加価値は高まりやすいと言われています。


03.MEO対策が向いているおすすめ業種8選


不動産

店舗によっては名指しの悪い口コミも書かれる可能性があります。

基本この業界の口コミは悪いものが多く、口コミ対策を真剣にやっている店舗は集客の独占を図れるぐらいの、安心感や信頼感の材料になっています。

また、大手不動産会社がSEO対策に多額の広告費を使っている中、それよりも上に表示されるようになったGoogleマップで認知度や広告としての費用対効果に期待が集まっている業界として現在急激にMEO対策に注目が集まっています。


不動産大手の〇〇ショップは代理店や直営に対してほとんどの店舗でGoogleマップの口コミ需要が上がってきており、自社対策が増えています。口コミは地道な道のりですが成功の近道はこの地道を続けることが一番です。


工務店・リフォーム

この業界は悪い口コミが書かれやすいです。「契約中は親身になっていたが、着工に入ると職人さんがよそよそしい」「近隣住民に配慮がない」「アフターサポートが適当」など不満のはけ口としてGoogleマップに悪い口コミが集まります。


ただ、他業界に比べて広告予算は多いのでGoogleのリスティング広告をよく見かけるのですが、リスティングを打ってしまった結果、Googleビジネスプロフィールのアカウントが上位表示され、悪い口コミが一番最初に来てしまっているというケースも見かけます。


かなり、もったいない状態で星の数が少なく評価も低い店舗のWEBサイトは見られることがほとんどありません。


広告をかけた結果、Googleマップに悪い口コミが露呈しまう可能性がありますんので、もしリスティング広告を積極的に活用していきたいと考えている企業様はGoogleビジネスプロフィールを見直してみてはいかがでしょうか。


学習塾

集客において強豪校との生徒の奪い合いになる業界です。特に親御さんの中には、以前ならリアル口コミを重視していましたが、現在ではネット上の口コミやGoogleマップの口コミを重視する人の傾向が高いです。


また集客以外にもブランディングとして用いられるケースもあります。

少子高齢化もあり、この業界はこれからの時代厳しくなることは予想されているのだが、広告の手段が限られているという先入観が多いため、口コミ対策をしっかりとしている校舎には大きい恩恵が与えられます。


また、目立って口コミを多く獲得している校舎も見かけませんので、おすすめ業種の中ではMEO対策業種においてかなりブルーオーシャンといえます。


自動車販売店

この業界に関してはグーネットなどのポータルサイトが強いと言われています。また、ネットは分からないという方が多く自動車販売店のSNS対策やMEO対策を積極的にしている店舗は、他店舗に比べるとオリジナリティの幅が効きます。


新車販売・中古車販売・自動車保険・ロードサービス・整備などあまりGoogleマップとは無縁と思われがちですが、見られているのは口コミです。信頼できるディーラーさんがいるか。手を抜かない整備士さんがいるかなど、ユーザーの信頼度に直結する業界でもありますので、ユーザー満足度の高い店舗はリピーターも多くなり安いと言えます。


専門学校

専門学校は「口コミ取れるの?」といった疑問が湧いてきそうですが実はとれます。在校生に取ると就職の失敗や不満のはけ口に使われそうですがあるイベントで取ると高確率で口コミを大量にとることができます。


また、このイベントを定期的に行っている学校もあり最近ではZoomを使って行っていたりとかなりGoogleマップのMEO対策が成功しているケースがあります。


専門学校の目的は最終的には就職になりますので、このアピールが上手くはまったり悩みが解決できる内容が書かれていると学生や社会人はそこを見て最終的な判断をしているとのことですので、あながちGoogleマップは馬鹿にできません。


この業界もブルーオーシャンですので、早めの口コミ対策ができれば他校と差をつけるブランディングができます。


焼肉店

不味い、リピートしないなど意見が入っている店舗は要注意です。

評価が3.5を下回っているところはページを開く機会が少ない可能性があります。早急な改善が必要ですので、口コミを書かれやすい業種ではありますがお客様の口コミを待つのではなく獲得しに行く方法が必要になっています。


飲食店業界は口コミが最も入りやすく、店舗の意図していない結果・評価がつく可能性があります。また、口コミの返信もかなり必要になってくる業界です。リピーターを狙うのであれば、口コミへの返信は必須になっています。


美容室

集客においてホットペッパービューティー一強といわれていますが、最近ではGoogleマップで家の近くにあるかを検索する人が増えています。そのあとで、予約が取れるかクーポンが使えるかなどをポータルサイトを経由する手法が使われています。


そのため、口コミを見られる機会が他業界に比べられると圧倒的に多くなっています。Googleマップの口コミ対策にかなり力を入れている店舗は、ホットペッパービューティーや楽天ビューティーなどの販促費を使わずに集客に成功しているケースもあります。


典型的な集客では、ポータルサイト内の上位を得るために想定していた以上の広告費がかさむケースが多いのも特徴です。


04.MEO対策で上位表示されるGoogleが公開しているアルゴリズム


Google のローカル検索結果のランキングを改善する方法

Googleが公式に公開しているランキング改善、つまりこれを行えば順位が上がりやすくなるよという情報です。


意外と見られていない管理者さんもいますがこれはめちゃくちゃ重要ですので、Googleビジネスプロフィールを運用されている方は下記を見られることをお勧めいたします。


軽く触れておきますと、ここで結構重要なものは「関連性」の高さになってきます。

例えばGoogleビジネスプロフィールの住所の数字とWEBサイトの住所が半角全角かで異なる場合、関連性が一致せず評価が上がりにくくなる可能性があります。細かいことですが、構造化データをWEBサイトの中に入れておくだけでも、Googleビジネスプロフィールとの関連性は上がりやすくなりますのでこの対策はおすすめです。


WEBサイトを作成いただいている業者さんにお願いすれば作ってくれたりもしますので構造化されていなければ確認するのもいいかもしれません。


構造化の確認は以下のページからできます。


参照URL


05.MEO対策よりも重要なこと


MEOとは皆さんもご存じのようにMap Engine Optimizationの頭文字を取った略語です。Googleマップ上で上位表示させることを意味しています。今この対策がとても注目されており、MEO業者に頼んでキーワードを上位表示させるべく、成果報酬型の対策をしている店舗様も多いでしょう。


しかし、このMEO対策で最も大事なもの、重視するべきポイントを把握しているでしょうか。


答えは【口コミ】です。

正確に言うと、Googleビジネスプロフィールの評価と星の数です。

そして一番重要なのが評価の中にコメントが入っているかです。


なぜコメントがそんなに重要なのか、ただのコメント例えば「楽しかった」「美味しかった」などの感想ももちろん重要なのですが、それ以上にコメント内に含まれているキーワードが最も重要で、これがキーワード対策に最も有効だというデータもございます。


Googleが正式に発表しているものではないので、絶対とは言い切れませんが、私共の運用させていただいているお客様おデータを見る限り、コメントの中に対応したいキーワードが入っているか田舎で順位が大きく変動をしていました。


ですので、もしMEO対策をしたい、業者を使いたいという店舗様がいたら、業者がどんな対策をしていて、かつユーザーが検索しているキーワードと店舗で対策したいキーワードがマッチしているかも気にかけたほうがいいです。


我々が運用させていただいているお客様の中には、以前MEO業者を使っていたが、成果報酬を取るために「ビッグキーワードを外して誰も検索しないキーワードを提案された」という方がいらっしゃいました。


確かにその対策も有効かもしれませんが、ユーザーが検索しないキーワードを対策したところで「お問い合わせ」や「来店」につながる確率は低いです。


さらに、口コミはキーワード対策になるだけでなく、お客様の安心・信頼感の材料にもなります。



例えばA店舗、B店舗があったとします。

A店舗は 評価:5  口コミ:50件

B店舗は 評価:4.2 口コミ:1000件

極端な例ですが、評価が高くとも口コミを書いているにんずうが多い方が信憑性や安心感という面において確たる裏付けを得ることができますので、多くの人はBの店舗を選ぶことでしょう。


こういった、現象はリアルに起きていることでもありますので、とにかく上位表示だけやっていればいい。リスティング広告に上に上げればいいと考えているようでしたら、口コミが見られている時点で戦いの土俵に立ててない可能性もございますので、リスティング広告をやる場合は口コミ対策もしっかり行う必要が出てくるのです。





口コミ

  • 心理的な根拠

  • 少ないよりも多いところが安心できる

  • 口コミで選ぶ習慣が定着した現代



06.まとめ

いかがでしたでしょうか。

MEO対策がおすすめの業種はすべての業種に当てはまるのですが、その中でもまだまだ間に合う対策方法を今回はご紹介させていただきました。


Googleビジネスプロフィールは業種を問わないと言われていますが、店舗を持っていないとだめという制約は存在します。他にも様々な制約はありますが、店舗を構えている店舗様はHPと同じぐらい大切になっていきますので、もし開店準備をする際はGoogleビジネスプロフィールの設定だけでも始めて見てはいかがでしょうか。


他店と差をつけるためにクチコミをたくさん集めておくと後々、人気店として認知される確率も格段に上がってきますよ!


閲覧数:51回

Comments


bottom of page