top of page
  • 執筆者の写真一馬 野口

Googleマップにおけるクチコミ対策のメリットとデメリット 表示形式の変化について

更新日:2023年10月5日

目次

  • クチコミ対策におけるメリットとデメリット・Googleマップの表示形式の変化

  • クチコミを気にしている人の割合・悪いクチコミの影響力

  • 上位表示されても選ばれないポイント

  • まとめ



MEO対策におけるMEOとはMap Engine Optimaization (マップエンジン最適化)の略称ですが、聞いたことはあるが何をしたらいいのか分からないという方が多いと思います。この記事では、すぐに実践できて集客やブランディングをするうえでお客様が「お店を選ぶ」選ぶポイントなども踏まえて具体的に説明していきます。


はじめにMEO対策と聞くと、SEO対策のGoogleマップバージョンなの?と思われるかと思います。SEO対策では上位表示対策という他社のWEBサイトよりもより上にかつ1ページ目に近づけることにかなりの広告費用を割いている企業も多いですが、MEO対策はSEO対策に比べて広告費を安く抑えることができ、上手くいけば短期間でブランディングと集客力の向上を計ることができます。


ただ、ここには落とし穴があります。MEO対策の上位表示対策をするため、むやみにMEO業者に依頼しリテラシーがないことで詐欺にあったり、Googleビジネスプロフィールのガイドラインを読まずにアカウントが消されたりしているケースが発生しています。


では、何から始めたらいいのか。まずは今来店していただいているお客様から、Googleマップにクチコミを書いてもらいましょう。


Googleマップにおけるクチコミ対策のメリットとデメリット 表示形式の変化


例えば、飲食店や美容室、不動産屋など選ぶとき、どのような手段で店舗を探すでしょうか。シチュエーションにもよりますが、良いお店を選びたいと考えるかと思います。できるだけ失敗したくないとか足元を見られたくない、美味しいお店、おしゃれで自分が変われる、友達や家族、会社の同僚に紹介したい。そんなお店選びをされるかもしれません。


そういった店舗のブランディングにおいてGoogleマップでは上位表示対策よりもクチコミ対策の方がより重要度が増してきています。予約、来診してもらうためのネット上での信頼感や安心感といったブランディングが愚痴込みの内容や評価の数で大きな差が生まれています。



Googleマップのクチコミのメリット

まず、メリットとして大きなポイントは検索順位にあります。



Googleマップ
Googleマップの検索画面


このように【地名】と【キーワード】もしくは【キーワード】だけで検索された際にクチコミの数が多く、評価の高い店舗が上から順に表示されます。この際に、多くの人は評価が高い店舗=良いお店と勝手に判断している傾向があります。また、上位1位から3位に関してはGoogleで検索した際にSEOの検索結果よりも上に表示されるため、お客様への周知が極端に上がります。


Googleの検索画面
Googleの検索画面

さらに、クチコミがあることで予約や来店への期待感や安心感、信頼感といったブランディグと集客力の向上を。広告費を全くかけなくとも、目指すことができます。


Googleマップのクチコミのメリット

一方、悪いクチコミがあることで、不安感を与えてしまい、集客力、ブランディングの低下につながる可能性が高まります。

予約、来店につながるメインのWEBサイトの導線さえも身視されている傾向が強いという傾向があります。


ここで問題です。


クチコミ・レビューを見て来店をやめようと考える点数は5点満点中、何点でしょうか


クチコミ・レビューの判断基準
クチコミ・レビューの判断基準

もし今、あなたの店舗が評価2.9以下であるならばすぐにでも対策を始めなければなりません。ここからはより具体的にクチコミを気にしている人がどれぐらいの割合数いて、どんなことを気にしているかを業界ごとに見ていきましょう。


クチコミを気にしている人の割合 悪いクチコミの影響力


では、実際にクチコミが商品・サービスの購入の際どれだけ影響を及ぼしているのがデータをもとに考察していきます。下記のグラフは、「子奪う行動におけるクチコミの影響」に関する調査を行ったデータになります。



口コミの影響

参照元:NTTコム リサーチ



このデータからも分かるように商品サービス購入・選定する際に全体の81.6%が「気になる」と回答している。また、男性が74.2%が「気になる」と回答しているのに対し女性の割合は88.9%約9割の女性がクチコミの影響を受けやすいことが分かります。


さらに悪いクチコミを見て購入をやめたと回答している人は76.4%という8割近くの人がネガティブなクチコミが影響して店舗側にとっては大きな取りこぼしが発生している状況が実際に起こっています。このデータには「同じ失敗をしたくない」「お金を払って損をしたくない」といった損得感情や経験がクチコミを見た人に影響を与えているようです。


さらにクチコミが入っていない場合も33.1%の取りこぼしが発生しており、ここでは「クチコミも入ってないぐらい不人気」や「情報が少なすぎて不安」といったネガティブ思い込みを勝手にされてし待っている可能性が見受けられます。


口コミの信頼度

参照:三菱UFJリサーチ&コンサルティング


これらのデータから日本人はクチコミが商品サービスの購入・選定を決めているといっても過言ではありません。悪いクチコミや悪い評価だけで悪いお店、不人気な店舗と勝手に決めつけられる可能性があります。そんな、理不尽な状況を改善するためにもGoogleマップにおける対策七課で上位表示よりもお客様から得る良いクチコミは集客力を守るための防具であり、店舗の人気・ブランディングを向上させるための武器でもあるのです。


上位表示されても選ばれないポイント

MEO対策と聞くと上位表示に目が行きがちですが、上位表示されたからと言って選んでもらえるかは全く別の話です。基本的にGoogleマップの表示形式は有益で関連性の高い情報をユーザーに提供することを目的にしているからです。


では、どういった指標で有益で関連性の高い情報を示しているのでしょうか。


Googleでは「距離」「関連性」「評価」の3つの指標から、有益で関連性の高い情報であるのかを判断していると推測されます。


「距離」に関していえば、検索ユーザーの位置情報から、店舗までの距離がどれだけ近いからで判断しています。熊本市内で美容室を探そうとしても、福岡市の美容室が出てこないようにローカルに特化した検索結果が表示されます。


「関連性」に関していえば、Googleビジネスプロフィールに記載している情報や内容がホームページのものと同一であるか?など見られることがあります。住所や電話番号、半角か全角かなどかなり細かいところまで見られます。さらに検索ワードに対してどれだけ関連性が高いかも見られます。


「評価」に関していえば、クチコミの評価と数になります。基本評価が高い順、もしくはクチコミの数が多い順に並んでいると思います。なかにはリスティング広告を使ってむりやり上位に上げている資金力のある企業もありますが、クチコミが悪かったり、そもそも入ってなかったりするとその時点で選ばれない可能性があります。他にも店舗名になかに「地名」や「キーワード」が入っている場合も上位に上がりやすくなりますが、店舗名や看板に書いてあるならギリギリペナルティにはならない場合もあるようですが、むりやり店舗名につけてしまうとペナルティを食らってしまう可能性が高くなります。


ペナルティを受けるとどうなるのか?

順位が落ちます。競合店舗が多ければ100番ほど落ちてしまう可能性もあります。さらに、ひどい場合ですと「圏外」と言ってGoogleマップにそもそも表示されない。赤いピンが立たなくなりますので、Googleマップ上からの集客が不可能となります。


ペナルティの対策方法としては下記のガイドラインを遵守していると間違いありません。

このガイドラインを完全に違反している業者さんも中には見かけますが、かなりの確率で評価が落ちてしまう結果になりますので最初から読んでおいた方がいいかもしれません。


Google に掲載するローカル ビジネス情報のガイドライン


話が脱線しましたが、Googleマップ上で上位表示されたとしても悪い評価が入っていたり、そもそも上か数が少なかったりすると「人気のない店舗」や「行くのが怖い」ということになってしまうケースもありますので、売上げを落とさないためにもお客様からクチコミを集めることは、MEO対策・Googleマップ対策上では最も重要な位置づけになるのです。



まとめ

MEO対策・Googleマップ対策は表示順位が大切。キーワード対策していれば問題ないと勘違いしている方も多いですが、それはクチコミが充実しててかつ、クチコミの数も集まっていれば内部対策のキーワード対策の効果がかなり重要なものとなってきます。Googleビジネスプロフィールを始めたけどなかなか集客できない。業者に頼んでいるけど、何の成果報酬で料金を払っているのか分からないという方はまずはクチコミ集めを頑張ってみてはいかがでしょうか。


業者が教えたくないMEO対策・Googleマップ対策の基準がクチコミであることに気づければ後は地道にクチコミ集めをするだけです。本当にお金をかけずに集客とブランディングができるようになるのでぜひ試してみてください。


閲覧数:62回

Comments


bottom of page